レンタルできるOA機器

WEBカメラ

Webカメラも最近では日常生活にも大いに取り入れられるようになりました。
Webカメラ更にネットワークカメラは低価格化も進み、身近な存在になったことも間違いがありません。

Webカメラなどは、家庭において企業において防犯・監視用にも使用されます。
現代社会では段々とセキュリティーの問題も重要視されて来ましたが、Webカメラの用途は決して、セキュリティーだけではありません。

企業では、受付にいちいち人を置くコストを削減するために、Webカメラを置き、お客様が来ればすぐに対応出来るシステムを確立しています。
それももちろんWeカメラの有効的利用方法です。

Webカメラとネットワークカメラ

似たイメージを持たれがちですが、実はネットワークカメラとWebカメラははっきりと区別することができます。
カメラはどらも同じカメラですが、全く別物と指摘する人たちもいます。

Webカメラは、パソコンに使用して使用することが前提です。
Webカメラは、Webカメラ単体で動作することはありません。
Webカメラをパソコンに認識させることによって、利用が可能になります。

一方でネットワークカメラというものは、それ自体が単体に動作することが出来る機械です。
したがって、ネットワークカメラは必ずしもパソコンに接続して使用するものではありません。
ネットワークカメラの場合では、LAN上のいろいろなパソコンやスマートフォンなどから映像を閲覧出来たりしますが、Webカメラの場合はそうではなく、接続しているパソコンでしか本来閲覧出来ないのも大きな特徴です。

ネットワークカメラ、Webカメラ価格の違い

実際にネットワークカメラ、Webカメラを購入という場合には、価格には大きな違いがあります。
Webカメラなら誰でもお手軽に購入出来る価格であり、現在家電量販店で1000円も出せば購入出来るレベルです。

しかし、現状ネットワークカメラなら、依然10000円以上の価格を出すことになります。
10万円以上すると言うのも別に不思議なことではありません。

ネットワークカメラのメリット

実際にネットワークカメラのメリットは、無線化であり、ネットワークカメラの場合、 無線LANが内臓されている製品はどんどん増加傾向にあります。
無線LANに対応しているだけという製品もありますが、以前は価格に大きな差があったものの、普及とともにどんどん価格差も縮まって来ました。
今までネットワークカメラは、撮影した映像はパソコンから確認する方法が一般的でしたが、現在ではスマートフォン対応の商品もどんどん増えて来ました。

Webカメラ、ネットワークカメラをレンタルで

Webカメラ、ネットワークカメラを購入するという方法も一つです。
どんどんネットワークカメラも価格が下がってきている傾向は間違いなくあります。
しかし、企業の場合、OA機器を一括してレンタルするというのも一つの方法であり、多くの企業が既にはじめていることです。