OA機器探せます » 長期と短期のレンタルを使い分ける

長期と短期のレンタルを使い分ける

こでは短期レンタルと長期レンタルのメリットをそれぞれ見ていきたいと思います。

    短期レンタル

    まずは短期レンタルから見ていきましょう。OA機器のレンタルを1週間くらいの短期でレンタルをする場合はこんなときにぴったりです。例えば研修や出張、展示会など、突発的にイベントが合った場合、開発や検証をするときだけ期間限定で使いたい場合、手持ちのOA機器が一時的に足りなくなった時などに便利です。必要なOA機器を必要な期間だけ使うことができますし、タイムリーに調達できるので、業務効率もアップさせることができます。

    短期レンタルの場合は、最短1週間程度から、延長も解約も自由にできるので利用状況に合わせて対応させられます。豊富に品揃えをしているところも多いですが、1台からでも借りられるメリットもあります。簡単なレンタルの手続きだけで翌日には納品してもらえるので本当に必要になったら翌日にはすぐに使えるメリットもあります。故障をしてもレンタル品ですからリースと違って相談も故障もレンタル会社がサポートしてくれるので安心です。

    長期レンタル

    それでは次に長期レンタルのメリットを見ていきましょう。レンタル機器を1年以上連続して使う場合には、長期レンタルをするといいでしょう。購入、リースに変わって新しいOA機器の調達手段として使うことができます。

    陳腐化が早いと思われるOA機器を導入するのにもぴったりですし、ライフサイクル管理業務を効率的に行うことにもつながります。月額サービスなので、コストが把握しやすくなりますし、保守、保険、廃棄に関してのコストもかからず便利です。マルチベンダに対応しているので、納期管理も任せること画でいます。

    導入した際の作業も、オプションサービスを導入しているところがありますので、すぐに使えるように支援してもらえて便利です。長期レンタルのメリットは、ほかにも廃棄処理が不要な点もありますね。通常購入した機器を廃棄する場合には個人情報保護の観点から見ても、消去したりしなければいけないので、手間でしたが、返却するOA危機のデータ消去サービスを行っているところが多いですから手間いらずです。

このように短期レンタル、長期レンタルそれぞれにメリットがありますが、どちらの期間で借り入れるのがいいのか、それはそれぞれの会社によっても違いがありますので、自分の会社はどちらに当てはまるのか、OA機器を管理するものとしてよく検討して、賢くレンタルするといいでしょう。