レンタルできるOA機器

テプラのレンタル

まずは、テプラ プロ / TEPRA PRO SR220のご紹介をしましょう。

テプラ プロ / TEPRA PRO SR220の魅力

日常生活の暮らしではこのような機械はそれ程必要とはしないかもしれませんが、企業ではまだテプラ プロ / TEPRA PRO SR220と言うようなアイテムが有効的に活かされています。

テプラ プロ / TEPRA PRO SR220は、オートカッター搭載、 印刷されたラベルを一枚一枚丁寧にカットします。
印刷後の面倒くさい作業の手間がかからないのが大きなメリットです。

更に「みえ2&プレビュー」機能が搭載され、 ラベルの完成イメージが画面によって確認することが出来ます。
いちいち試しのプリントをする必要はありません。

6文字×2行の液晶画面なので、2行印刷もとても見やすいです。
電池とACアダプタの両方が使用できて、2WAY電源で、移動するのにもとても便利です。

テプラをレンタルするメリット

OA機器は購入という方法もあります。
一方では、レンタルと言うのも方法の一つです。
実際に企業の方々はOA機器をレンタルするケースが段々と増えてきたと言われています。

実際に会社でOA機器を管理すると言うのは大変なことです。
そのOA機器を導入してどのようなメリットがあるかということも追求していかなければなりませんし。

リースレンタルの違い

あのOA機器は購入、あのOA機器はリース、レンタルという発想も面倒くさい発想なので、一つの方向性にまとめると言うことも大事なポイントです。
OA機器の新品購入と言うのも、自由な選択が出来、レンタルでは扱っていない最新機種を確実に入手出来ます。
メーカーがOA機器をしっかり保証してくれるでしょう。

しかし、購入を軸におけばどんどんコストが膨らんで行くだけです。
レンタル・リースは短期契約から長期契約まで自由性の高い方法です。
短い期間だけ使いたいという方々は、 レンタルをおすすめします。
新しい機種への入れ替えも楽です。

一方でリース契約では、 ファイナンスリースとオペレーティングリースの2つの選択をすることが出来ます。
オペレーティングリースは1度リースされた機材をリースすることで、 ファイナンスリースと比較すれば安く借りることが出来ます。
リースには新しい機種への入れ替えが楽というメリットがあります。

しかしOA機器に所有権がないと言うのはデメリットなかもしれません。
結局、OA機器をどのような方法で対応すればいいかと言うことは、使う人たち次第です。

値段重視なのか、機能重視なのか、はたまた手間重視なのかと言うことをそれぞれみなさんで考えてみてください。
大事なのは自分の会社が何を重視しなければならないかという判断です。

そして、レンタルと決めた場合にも、一番自分の企業に見合った、 業者を選択しましょう。
現在レンタルに向きあっている多くの企業があります。