レンタルできるOA機器

タブレットのレンタル

iPadなど会社にタブレットを導入しようと考えている企業も多いのではないでしょうか。

iPadなどタブレットを会社に導入するメリット

iPadなどタブレットを会社に導入するメリットは、手軽に資料を持ち運びが出来るからです。
タブレットはパソコン並みに活躍出来ると言うことではありませんが、タブレット程度で充分と言うことも非常に多いです。

タブレットなら手軽に持ち運び出来ることに大きなメリットがあります。
タブレットで、 メールの送受信や、スケジュールチェック、 Web会議、 ワークフローの決済程度のことなら充分期待出来ます。
タブレットって、小回りの効く軽自動車という感じでしょうか。

ブラウザベースで出来ることならタブレットで全然問題はありませんし、逆にタブレットばかりに依存し過ぎると言うのもちょっと注意しなければならない発想です。

Androidか、iPadかという問題もここにありますが、会社で使用するものは、セキュリティーのこともしっかり踏まえ使用していかなければなりません。
そのためには、OA仕様が公開されていないiPadの方にメリットがあります。 

タブレットはリース、レンタル、はたまた購入か

企業で、タブレットをどのような方法で入手するかと言うのがまた大きな問題です。
タブレットは、リース、レンタル、はたまた購入かという選択が出来ます。

費用の問題を考えると、実際にそれ程 リース、レンタルに大きな差が出る訳ではありません。
しかし、じっくり調査をすれば、 やや上を行く業者が存在することも理解することが出来るはずです。

実はこのややが大事なことです。
月額料金も、 \5,500と他社と比較して幾分安く、保証料、送料等合計も\1,300程度です。

保証が充実している会社を選ぶ

そして、費用と同時に考える問題は、保証内容であり、企業で使用するものゆえ、保証内容が充実しているものを選択するようにしたいものです。
パソコンは、会社の中にどっしりと腰を落ち着かせているのですが、タブレットの場合はそうではなく、絶えず持ち歩き移動させるものです。

パソコンと比較して、壊れるリスクが一段と高いのがタブレットです。
ガラスが割れる、 結露で壊れるなどタブレットはここまで想定しなければなりません。
そのような故障までを保証してくれる業者を発見してください。

購入ということを考える企業もいるかもしれません。
購入も方法の一つです。

しかし、現代社会のサイクルの速さはちょっと用心しなければならない問題があり、購入して、サイクル管理がなかなか上手く行かないと言う企業の悩みを結構多く聞きます。
古い機器が故障して、もう部品がないと言うこともメーカーでは最近よく起こるケースです。
企業の購入して使えるまで徹底的に使おうという姿勢は正しくもみえますが、この現代社会にはちょっとフィットしづらいのかもしれません。