レンタルできるOA機器

セキュリティ・ワイヤー

セキュリティワイヤーとは、コンピュータの盗難、誰かが勝手に持ち出したり、更にケーブルや周辺機器 の不正な差し込みと言ったことをシャットアウトするための金属線で出来た固定器具のことを言います。

セキュリティーワイヤーの必要性

セキュリティーワイヤーがどのような状況でもって必要かということをここでお話しします。
最近、私達の社会はとにかく個人情報漏洩の報道が途切れることはありません。

Webサイトなど持つ企業は、昔以上セキュリティーに対しての特別な配慮が必要になって来ました。
更に現在、ノートパソコンの紛失、盗難より個人情報が漏洩するケースも増えてきていると言われています。

セキュリティーは段々と重要視されてはいるものの、まだまだツメの甘さがここにみえます。
ノートパソコンを例にすれば、会社でどうセキュリティーの問題を重要視しても、外まで管理が行き届かないということであり、そのような企業対応は正直に言えば現在では失格です。

現在ノートパソコンの被害が急増している

企業の中ではしっかりセキュリティーは管理されているものの、社員がいったん外へ行けば、ちょっとセキュリティーに安易になり、クルマの中にノートパソコンを置き忘れたりということが実際にあります。
まだまだ会社の外では気がゆるみついうっかりということが起こっているようです。
ノートパソコンそのものが個人情報のようなものであり、私達はノートパソコンにも厳重な管理の姿勢を見せなければなりません。

セキュリティ・ケーブルとは何か

 
ここでお話しするのがセキュリティ・ケーブルです。
日本の企業でもノートパソコンが有効的に利用されているからこそしっかりセキュリティ・ケーブルに向きあう必要があります。

ノートパソコンの盗難を防ぐためには多くの企業向けノートパソコンに装備されているセキュリティ・スロットを利用しましょう。
それはノートパソコンの側面または背面にある[3mm×7mm]程度の長方形の穴のことを言います。

ここに専用の錠が付いたワイヤーつまり、 セキュリティ・ケーブルを取り付けます。
そして、机の脚と一体化させて盗難に徹底的に防戦しましょう。

ノートパソコンにはメリットも大きいが

ノートパソコンは移動も出来るし、外へ持ち運びも出来ますし、大変便利な道具です。
しかし、だから会社以上に外に対して安全性を重要視しなければならないものの、まだまだノートパソコンに対して、安易な見方がされています。

盗難などは実際に起こってしまってからでは遅いことは多く方々が理解しているはずです。
どうすればいいかということを企業全体で真剣に考えていかなければなりません。
その時、セキュリティ・ケーブルを購入するというのも方法ですが、セキュリティーアイテムは一切レンタルと言うのも一つの合理的手段です。