OA機器探せます » プロジェクターのレンタル

プロジェクターのレンタル

プロジェクターを利用する

プロジェクタ映像が必要な会議を行う的に利用されるのがプロジェクターです。
会社によっては利用することのないOA機器ですが、状況によって臨時に利用されることがあります。

会議の中で一時的にプロジェクターが必要になった場合や新商品発表等のイベントの時など、必要な場合があります。
プロジェクターが必要になった場合など、常時必要はないがプロジェクターを準備しなければならない状況の時に利用したいのがプロジェクターのレンタルです。
プロジェクターについては、スクリーンと一対で利用することのできるものなので、プロジェクターが必要なときにはスクリーンも準備することになります。

プロジェクターをレンタルする

一時的に会議で必要な場合やイベントで利用するためにプロジェクターをレンタルするときには、目的に合ったプロジェクターをレンタルする必要があります。
プロジェクターは種類があり必ずしも同じ状況で利用できないOA機器です。
そのため必要な状況を把握してプロジェクターとスクリーンのレンタルを行うことになります。

プロジェクターをレンタルする時の注意点

コピー機のように1つの機械で複数の用紙にコピーできるものとは違い、プロジェクターは利用する場所等によって選ぶプロジェクターが異なってきます。
プロジェクターを選ぶときに最も重要なのが明るさになります。

撮影するときの明るさを考えてプロジェクターを選ぶことになります。
この明るさは使用する会議室の広さによって明るさが異なってくるので、利用する会議室やイベントの会場を考えてプロジェクターをレンタルしなければ、失敗に終わってしまいます。

プロジェクターは、大画面のスクリーンに投影することになるので、解消度の高いプロジェクターほど画面が細く映し出されにやすい状態になります。
この時に解消度の良いプロジェクターを選択すればより見やすい状況でプロジェクターを利用することができます。

基本的にプロジェクターはパソコンと接続して利用することになるので、パソコンの外部出力端子がプロジェクターの端子に合っていなければ利用することができないので、パソコンの外部出力端子の確認が必要です。
プロジェクターは、投影するためには一定の距離が必要となりますが、投影する場所によっては距離が短い場合があります。
このときには通常のプロジェクターではなく短焦点レンズを搭載したプロジェクターをレンタルすることで、距離の短い状況でもプロジェクターを利用することができます。

パソコンを利用しなければプロジェクターを利用することができないのですが、最新のプロジェクターの中には、DVDプレーヤーとスピーカーが内蔵されているプロジェクターがあります。
このプロジェクターの場合には、パソコンや音響設備がなくてもプロジェクターを利用することが可能となります。