レンタルできるOA機器

ハブ(hub)レンタル

家庭の方々がハブ(hub)に向きあうシーンはそれ程多くはないものの、企業や事務所などでは、ハブ(hub)が 利用されるケースが多くあります。

どのような時に ハブ(hub)は利用されるかのか

どのような時に、ハブ(hub)は利用されるのかと言えば、ルーターのポートがすべて埋まっている時などにです。
ルーターとハブ(hub)、はLANポートがいくつもあって、見た目それ程大きな違いがないような感じもしますが、ルーターの場合それは一種のコンピューターのようなものです。
IPアドレスがあり、ルーターが起点となり、 ネットワーク内すべての機器にIPアドレスを振り分けをして行きます。

インターネットの設定なども行うことも出来、多機能な機器です。
ハブ(hub)が何かと言えば、ハブ(hub)は、ただLANを分岐する役目を担っているだけです。

一般的に売られているものに対して、IPアドレスはありません。
ログインが必要と言う訳ではありません。

ポートが足りない時には

ハブ(hub)は、 ルーターのポートがすべて埋まっている時などに使用されます。
家庭でも ハブ(hub)を使用することは実際にあるかもしれません。

インターネット環境があるという場所では、ハブ(hub)は、よく見かける光景になりました。
ハブ(hub)を繋げて 残りのポートに、LANケーブル、パソコンや周辺機器などを繋ぎます。

ここに何か設定が難しいことがある訳ではありません。
リンクが確立出来れば、ランプが点灯します。
同時にインターネットが出来たり、ネットワークを共有することが出来ます。

どのようなハブ(hub)を選択すればいいか

ハブ(hub)には、ポート数がありますので、いくつもケーブルを繋ぐことが出来るかと言うことに大きな間違いがあります。
パソコンやネットワーク機器をどれだけ接続したいのかということを考えて、 ハブ(hub)を選択するようにしてください。

そして、将来どんどん数が増えて行くかもしれないということを想定してください。
ハブ(hub)には5ポート、8ポート、12ポート、16ポートなどの種類があります。

データ転送速度

10/100Mbps程度が以前のハブ(hub)の速度だったのですが、現在 のハブ(hub)は、ギガビット対応になっています。
そのスピードを実際に体感出来るか否かは使い方次第といったところでしょうか。

接続機器が多いという場合、兎に角新しいハブ(hub)に注目することをおすすめします。
更にインテリジェントハブと、スイッチングハブという種類があります。 

コンピュータ・ネットワークを管理するための機能を搭載したハブがインテリジェントハブです。
一般的な用途であれば、スイッチングハブが使用されます。

企業のみなさんがハブ(hub)に向きあうとき購入と言うのも方法ですが、レンタルというのもかなり合理的方法の一つです。