OA機器探せます » レンタルとリースの違い

レンタルとリースの違い

リースとの違い

リースとレンタルOA機器を購入する以外の方法としてレンタル、リースがありますが、レンタルとリース、どちらも同じだと思っている人もいるかもしれませんが、実際はレンタルとリースは違います。レンタルもリースも借りるという時点では同じように思えるかもしれませんが実は仕組みが違っていますし、会計での取り扱いについても違っています。

リースの仕組み

リースで借り入れる場合、一般的には会社が利益を出す活動を行うために業務をする上で必要なものを取得して使う、それに対しファイナンスの意味がある物件賃貸などの仕組みと思ってもいいでしょう。リースで調達する場合はリース会社が認めているリース適合の物となりますし、お客様の希望で機種や機器を選ぶことがえきる、利用する機関は長期で、OA機器はお客様が管理するということになります。

参考:レンタルとリースの違いって?

レンタルの仕組み

ではレンタルはどのような仕組みになっているのでしょうか。レンタルでOA機器を取得した場合、レンタルと聞けば身近なところではCDとかDVDをイメージする人が多いかもしれませんが、期間に合わせて使いたいときだけ借りるという印象をもっていませんか?その印象通りでレンタルをする場合は、レンタル会社がすでに持っているものを、利用者が必要だと思ったときに、必要な期間貸してくれるのです。ですから新品だとは限りません。必要なOA機器をそのときだけ借りることに対して期間に応じてお金が発生するのが特徴です。

よく使われるものをレンタル会社が貸す、利用する期間は通常、短期間から長期間で自由に設定可能で中途解約もできますし、レンタル会社がOA機器は管理しますので、リースの場合はお客様管理だったのに対してこの点で違いが大きく出ています。レンタルなら、故障してしまった場合には代替機を貸してもらえます。新品ではないかもしれませんが、最新機器を貸してくれるところも多いです。

オンバランスとオフバランス

このようにOA機器のレンタルとリースは、お客様が借りるという点では同じなのですが、貸し出すことに対しての考え方や規定が違っています。そして会計上の違いもあります。会計上はどちらも同じ取り扱いになりますがリースの場合は、お客様が指定したものを新品で提供してもらえるのに対して、レンタルはレンタル会社が持っている在庫からの提供してもらうことになりますので、この違いがあります。会計基準ではレンタルであってもリースと同じ取り扱いになります。会計上リースはオンバランスで、レンタルはオフバランスとなることも覚えておくといいかもしれません。