レンタルできるOA機器

DATレンタル

ここでお話しするのはDATについてです。
DAT(ディー・エー・ティー、ダット・ Digital Audio Tape)は、音声をアナログからデジタルへと変換して記録し、デジタルからアナログへ変換して再生するテープレコーダー、テープと、その規格のことを言います。

DAT(ディー・エー・ティー、ダット・ Digital Audio Tape)はどのように使われるのか

実際にもう既にあまり聞きなじみがあるという言葉ではありませんが、DAT(ディー・エー・ティー、ダット・ Digital Audio Tape)は、どのような使われ方をしているのでしょうか。
広い意味では、 digital audio tapeをさし、コンパクトカセットと対比するための言葉として使用されていました。

DATテープはほとんど生産が終了

かつてソニーや松下電器産業、パナソニックをはじめとして、さまざまな会社によってDATテープは積極的に生産されていましたが、現在店頭で販売されているのを見かけることはほとんどありません。
ソニーは最後までDATテープに拘りを持っていたものの、国内のすべての製造しているメーカーがDATテープの生産を終了しており、手に入るのは流通在庫のみです。

DATテープをコンピュータストレージ用に転用するDDSテープは、現在も生産されています。
テープ幅がDATと同じ3.8mmのDDSテープを使用することも出来ます。

そもそも、それは民生用としてスタートした規格です。
民生用という扱いにはあまりにも高性能だったため、業務用としても段々と扱われるようになりました。

DATの終焉?

1992年にはミニディスク(MD)が登場して、民生用オーディオ機器のメインとなり、 更にCDレコーダーもどんどん普及することになります。

更に高圧縮のデジタルメディアである「MP3」、「WMA」、「AAC」などどんどん時代もめまぐるしく変化して行きます。
残念ながらDATのシェアはどんどん縮小化の道を辿って行くことになります。

民生用DATと言うものは残念ながら姿を消す状況にありながらも、 業務用向け製品は少量なのですが、引き続き生産が続いていた時期がありました。
DATは業務にとっても大きなメリットは存在していたようです。
しかし、その時代も終わり、DAWによるHDDレコーディングシステムに順次変わって行こうとしています。

今だからこそDATはレンタル

時代に逆らうような感じのOA機器を購入と言うのは、大いにリスクありかもしれません。
そのような場合の選択は、気楽な感じでレンタルしてしまえばいいのです。

業務で、 DATテープレコーダーが必要と言う時もあるかもしれません。
しかし、購入出来ない、購入するにはちょっとリスクがあるかもしれないと感じた時こそ、レンタルが大いに有効的効力を発揮するはずです。
OA機器は、購入、レンタル両方の面より見つめて行きましょう。