OA機器探せます » 機器の掃除

機器の掃除

OA機器の掃除

清掃新年を迎えるにあたり大掃除を行いますが、OA機器に関しては定期的に掃除を行う必要があります。
しかし、OA機器の掃除を行うときには気をつけたいことが静電気と湿気(水)です。

これらについて気をつけなければ精密機械の部分がショートして故障してしまうので、掃除を行うときには特に注意しなければいけないことになります。
普通に行われる室内の掃除とは異なるので、専用の掃除道具を用意することが必要となります。

必要な道具

機器の掃除を行うときには専用の道具を用意することでトラブルなく掃除を行うことができます。
商品によっては100円ショップで販売しているものもあるので、高額な掃除道具を用意することなく機器の掃除を行うことが可能となります。

本体の表面を掃除する場合には、静電気を利用したクリーナーで掃除を行うことができます。
機器の掃除を行うときには必ず本体の電源を切ってコンセントを抜いておくことが必要です。
機器によっては待機電力となっており感電することで本体が壊れてしまう可能性があるからです。

OA機器の掃除を行うときには水分の少ない状況で行うのがベストな状況となります。
汚れがひどいからといって原液のままの中性洗剤を使うことで本体を保護していたコーティングを剥がしてしまうことにつながるからです。
できるだけ水分のないもので掃除を行うことがOA機器に適しています。

OA機器の内部を掃除するときには、静電気を利用したクリーナーを使うのは、静電気によるショートを起こすので、精密機械が壊れてしまう原因となります。
必ず静電気が除去されるクリーナーを使用することになります。
特にパソコン等に対して静電気は大敵なので、必ず静電気を除去してから内部の掃除を行うことが必要です。

掃除道具でエアー利用した道具を利用して表面の埃を触ることなく除去する道具があります。
パソコン内部の精密機械の安全のためには利用したい掃除道具となります。
OA機器のディスプレイ部分を掃除するときには、静電気が発生してしまうので、埃を引き寄せることができるクリーナーを利用することができます。

いろんな汚れが付着しているので、ティッシュペーパーで安易に吹いてしまうと埃の摩擦によって画面に傷がついてしまう原因となります。
汚れのひどいときにはディスプレイの専用クリーナーを利用することで画面の部分を傷つけることなく掃除することが可能となります。

綿棒を利用する

OA機器の掃除を行う時にあると便利なのが綿棒です。
人間の耳アカ等の掃除を行う時にも利用できる体に優しい道具なので、OA機器の掃除を行うときとても役立つアイテムとなります。

無理な力を入れなければ細かい隅々まで綿棒を使って掃除することができるので、OA機器のコントロールスイッチ部分の隙間を掃除するにも綿棒を利用することで上手に行うことができます。