OA機器探せます » 自然から機器を守る

自然から機器を守る

避けることができないトラブル

自然日ごろからOA機器のトラブルを回避する努力をしていても、避けることができないトラブルが生じることがあります。
それが自然災害よるOA機器のトラブルとなります。

火事については、いつ発生するのか予測できないトラブルなので、対応のしようができないです。
しかし、自然災害によっては対応できるトラブルがあり、地震、台風や雷によるトラブルは前兆があるので対応ができます。
台風の場合にはいきなり自分たちの、街の上空に発生することが考えられないので、台風の進路によってあらかじめ対応することが可能となります。

雷関係のトラブル

雷については発生の予兆が直前までわからないのですが、雷のトラブルに関してはあらかじめ対応しておくことが可能となります。
それ対応が雷サージに対応しているOAタップを利用することです。

種類によっては埃防止の機能が付いているOAタップもあり、雷サージに対応している場合には重要となるOA機器を雷から守ってくれることができます。
特にゲリラ豪雨の時の雷雨には頼りになるアイテムだといえます。
雷は電線に落雷することもありますが、最近の電線は電気だけでなく電話線やインターネットの通信回線も同じように設置していることになります。

そのため電話回線の雷サージにも対応しておくことが必要となります。
幸いにして電話回線の雷サージに対応している商品が販売されているので、こちらを利用することで雷から電話を守ることができます。
最近は電話回線を使ったインターネット回線は少なくなってきたかわりに、LANケーブルを利用した光通信回線に対しても雷サージの対応が必要となります。

LANケーブルでも雷が通ってしまうからです。
しかし、LANケーブルに関しては、Wi-Fi回線や無線LANを利用することで雷からパソコンを守ることが可能となります。

オフイスでも重要なデータをパソコンに保存していることがあるので、パソコンの雷対策は完璧に行っておきたいものです。
このような雷対策を行っても100%対応できない状況があるので、パソコンのハードディスク内にある重要データに関してはクラウドシステムを利用して保管しておくことも雷対策には必要な処置だといえます。

地震対策

今の国内では大きな地震がいろんな地域で発生しており今後も地震について対策を行う必要がある地域がいくつもあります。
小さなOA機器ならば倒れる心配がないのですが、大型のコピー機や机の上のOA機器等については転倒や落下する心配があります。

地震の発生が予知できないので、予め地震に対する対応を行うことになります。
それが倒れたり落ちたりしてしまう心配があるOA機器については、固定しておくか転倒等の防止処置を行うことが必要です。
また、地震に対応するためにデータを確実に保存しておく処置を行うことで、すぐに業務復旧に必要なデータを用意することができます。