OA機器探せます » パソコンの管理と選定

パソコンの管理と選定

ビジネスに必要なパソコン

パーソナルコンピューターは、現在パソコンと呼ばれており家庭でも利用できるパソコンが中心として販売されております。
本来ビジネスで行うために開発されたパソコンですが、最近ではデスクトップだけでなくノートタイプも家庭用で利用できるパソコンを中心に販売されています。

ビジネスでパソコンを選ぶときに注意したいのが、家庭用のパソコンを選ぶ感覚でビジネス用を選ばないことです。
ビジネス用で利用されることが多いノートパソコンは、拡張性のないタイプが多いので、最初に購入するときに選定する必要があります。
そのためビジネス用のノートパソコンを購入するときには、最初から性能の良いノートパソコンを家電量販店で購入するか構成ができるノートパソコンを通信販売で購入する方法があります。

ノートパソコンを選ぶ

拡張性がほとんどないノートパソコンでは、メモリやハードディスク以外の基本的な機能の部品を交換することで向上させるのが難しいです。
そのため必要最低限の性能ではなく、余裕のある性能を備えているノートパソコンを購入することがビジネスでは必要となります。

ビジネスに利用するノートパソコンは、その目的がある程度決まっているので、最低限その目的を達成することができるノートパソコンが必要となります。
画像処理や設計関係のパソコンでは高性能のノートパソコンが必要となりますが、書類作成やインターネットによる情報収集のためのノートパソコンならばより長く利用することができるノートパソコンを選ぶことになります。

この時に注意したいのが、購入した後に基本的な性能を部品の交換により向上できない部分の性能です。
CPUやグラフィックボード(ビデオボード)についてはハンダ付けとなっていることが多いので、この2つの部品については購入後交換することが難しいです。
そのためこの2つの性能に関しては性能の良いノートパソコンを購入することで、難しい処理や同じパソコンを長く利用することが可能となります。

ノートパソコンはデスクトップのパソコンに比べて高額なものが多いので、頻繁に買い替えすることが難しくなります。
ビジネスで使うならばなおさら使い慣れたノートパソコンを長く使いたいものです。
通信販売またはネット販売でパソコンの性能の構成を変更できる会社から購入することで、これらの問題点を解消することが可能となります。

ビジネスパソコンで付いていると嬉しい機能

ノートパソコンをビジネスで利用するときには、特別に付いていると便利な機能がいくつかあります。
デスクトップのパソコンと異なりキーボードにテンキーが付属されていないノートパソコンがあります。

数字のキーボードですが、テンキーがついていると電卓感覚で利用できる便利なものです。
Webカメラが付いているとSkypeを利用して遠隔地とテレビ電話を行うことができます。
取引先や別の営業所の社員と商談をするときにとても便利な機能です。

また、書類作成を行うことが多いので、ビジネスソフトが最初から付属しているノートパソコンは便利です。
保守契約が加入できる場合は必ず加入しておきます。
保守契約が付いているノートパソコンは故障した時に大変助かります。