OA機器探せます » 配線の管理

配線の管理

デスク周辺

配線会社内のデスク周辺では、OA機器の発達と普及によりいろんな配線があります。
パソコンケーブルやパソコンの主電源以外にもスマートフォンや携帯電話の充電器など、後から必要な配線を備えつけることになります。

しかし、このような電源のための配線は上手に処理をしておかなければとても見苦しい状態になります。
ケーブルや電源コードが絡まってしまう状況になり時には転倒する危険があるからです。
そのため自分のデスク周辺だけでもLANケーブルの配線や電源配線を綺麗にしておくことが必要です。

また、これらの配線につまずくことで電源が切れてしまうことや、インターネットのLANケーブルが外れたことで今まで行ってきた作業が無駄になる場合があります。そのためにも綺麗なデスク周りにしておくことが効率の良い仕事を行うことにつながります。

オフィス空間を作る

デスクワークを行う人は、就業時間のほとんどをオフィスで過ごすことになります。
そのため、オフィスのレイアウトを綺麗にする事も必要なことになります。
作業効率の良いデスクのレイアウトを行うことでオフィス空間を過ごしやすい場所にすることができます。

イメージアップのオフィス空間

デスクワークを行うオフィスには、時には仕事の関係者や得意先が訪ねてくることがあります。
この時に良い印象を与えることができるオフィス空間と不快な印象を与えるオフィス空間では、企業としてのイメージが全く異なることになります。

最新のOA機器を導入しているならば、なおさら良い印象を与えるオフィス空間を作ることが必要です。
オフィス空間については、その時の状況により手直しをすることが可能なので、会社のイメージアップになるオフィス空間をデザインして実行することになります。

オフィスの配線について

良い印象を与えるオフィス空間にデザインを変更しても、床の配線ケーブルがむき出しの状態では印象を与える良いイメージが半減してしまうことになります。
最近のオフィスでは、いろんなOA機器を利用していることで主電源だけでもいくつもの電源コードが必要となります。

そのため床の中に電源コードの配線を行うことできれいなオフィスの床とすることができます。
主電源となる電源を床に埋め込み式で利用することで、余分な電源配線を床の上に置いておく必要がなくなる事は、そのオフィスで作業を行う社員の作業効率も上昇することになります。
後から導入した、ノートパソコンやプリンターなどのLANケーブルについては、今のパソコンでは、有線LANケーブルを利用するよりも無線LANを利用することで、余分なLANケーブルを床に置いておく必要がなくなります。

床の上に余分な配線等を置いておく必要がなくなることで、オフィス空間のデザインだけでなく床のデザインも良い印象を与えるものに変更することが可能となります。
タイル模様のカーペットなどを利用して床のアクセントを明確にすることで必要な主電源の場所を確認することができます。