OA機器探せます » 近年のOA機器事情

近年のOA機器事情

OA機器事情

OAここでは昨今のOA事情について紹介していきたいと思います。

今主流のOA機器はどのような機器なのか、その動向や選ぶ際の注意点などを見てみましょう。毎日の業務に欠かすことができないのがOA機器ですが、会社として取り組まなければいけない課題はいろいろとあり、OA機器に求められていることも日々変化しています。顕著であるのは複合機、そしてネットワーク化、などが求められています。

ネットワークまで使える複合機

OA機器に詳しい専門家によると、OA機器といってもコピーやFAX、そしてスキャナーとプリンタといった周辺機器をいろいろと取り揃えるのではなくて、複合機という扱いで1台で使えることが便利のようですし、ネットワークにつながっていていろいろな使い方をすることができるのが重宝しています。

企業ではIT化がかなり進んでいるので、業務をする中でいろいろな処理をネットワークを経由して行っているので、プリンタなどの周辺機器でも、ネットワーク化されていると便利です。デジタル化、ネットワーク化されていることは便利なことですが、それに伴ってセキュリティ面を考えなければいけないことは要注意です。

そしてカラー化されていること、環境に配慮されていることなどがここ10年ほどでのOA機器の大きなトレンドといってもいいでしょう。プレゼンテーションの資料、チラシなどを作る際に、カラー化する需要が高まっていますし、今まで問題で合った値段も解消されてきています。

昔は費用を理由に、検討の対象外にされがちだったカラーコピー、カラープリンタも、今はモノクロのタイプとそれほど値段が変わりません。ですからOA機器を導入するにあたって、せっかくならカラーのものを導入しようという会社がほとんどです。

環境に配慮した検討

ですが、環境への配慮もとても考えている会社が多く、省エネ、リユースなどの製品を導入しているところが増えています。機種を選ぶ際にも環境へどのように配慮されているのかをチェックした上で導入を検討しているところが多いのです。

カラーのタイプを選んだところになぜ選んだのか理由を聞いてみると、10年以上前は、機能や性能がいい、仕上がりがいいという理由から選んでいる人が多かったのですが、最近は導入する際の価格と、維持費などコストのことを考えて導入しているところが多いです。

技術が向上したこともあり、同じ機種でも性能の差がほとんどないというのが今のOA機器の特徴となっているのでしょう。こうしたOA機器事情を踏まえて選ぶといいでしょう。