OA機器探せます » ソフトウェア

ソフトウェア

ソフトウェア

ソフトウェアオフィスでソフトウェアを導入するに当たっては、なかなか大変かもしれませんがソフトウェアの購入手続き、インストールの状況の管理が整っていれば社内のパソコンにインストールするだけです。社内全部のソフトウェアを一括でインストールをすることができます。ソフトを導入するに当たってのメリットは作業効率がアップすることが1番にあります。

でもどのソフトを選べばいいのかわからなかったり、導入しても操作が難しくてできない人もいるかもしれません。購入する際もレンタルする際もどちらにおいてもサポート体制が整っているところと契約をすることをお勧めします。ソフトは、外部に販売される目的のものもあれば、法人の中だけで使う目的のものなどがあります。

外部から買う方法と外部から法人向けで開発してもらう方法があるのですが、ソフトウェアを導入するに当たっては付随のコストがかかることを知っておく必要があります。ソフトを法人の中の仕様にあわせるために導入費用が発生しますし、ほかにもソフトを使うための環境を整備して整える費用も必要です。

インストール済みのソフトウェアの場合にはバージョンアップにはお金がかかったり、プログラムの機能を追加したり、トラブルを回避するに当たっては、それに対してもまたライセンスが必要になったりしますので、オフィスの中にソフトウェアを導入するということはなかなか手間がかかりじっくり考えておかなければいけないことです。

レンタルの場合

レンタルの場合は簡単で効果的にソフトの導入が可能でライセンスの初期費用を削減することもできますし、レンタルパソコンに最初からソフトが入っている場合もありますからそれを利用すればソフトを導入する際のコストダウンにもつながります。そしてレンタルの場合は最新バージョンのソフトがいつでも使えるメリット、簡単にライセンスの管理ができるメリット、ライセンスは会社の資産として保有せずにソフトを使えるメリットがあります。

レンタルの料金ですが、それはソフトウェアの種類によっても違いがあるのですが、例えばマイクロソフトオフィスのスタンダードでしたら1ヶ月当たり4,000円、プロフェッショナルプラスなら5,000円といったように、ソフトの種類によって値段が違います。ソフトあたりのインストールの料金になります。

導入するソフトウェアによってはもっと高い値段が設定されていることもありますので、それぞれの目的にあうソフトウェアの値段を確認する必要があります。