OA機器探せます » OA機器コストを下げるには

OA機器コストを下げるには

コスト会社の経費削減を考えたときに、経費削減を行うことができる項目は色々とあると思いますが、その1つにOA機器のコスト削減を考えることもできるでしょう。コピー複合機などの契約条件を見直すことで経費削減も可能です。毎月発生しているOA機器関連の経費がどれくらいなのか、まずはそれを把握することが大事です。

どれくらい経費がかかっているのか把握していなければ経費削減をしたくてもできません。そして使用率の割にもし経費がかかりすぎているということであれば、見直す必要があるのではないでしょうか。OA危機は、ランニングコストがかかっていてもあまり見直しをしないで、導入したときの条件のままで使っていることがとても多いです。毎月のランニングコストが高いというのは、その分使っているから仕方がないと思っているかもしれませんが、今一度契約条件から見直しをして、経費が適正であるかどうかを考えることによって、継続的に経費削減ができるのです。

経費の情報を分析

具体的には今使っている機種の申し込みをしたときの契約料、1ヶ月の経費の情報を見直して分析してみましょう。1枚あたりに必要なトナーの量、値段など詳しいことまで調べて経費削減を計画します。複合機の場合のメンテナンス料金は今の使用状況に合っているのかどうか、どれくらい経費削減をすることができるのかなども検討していきます。

実際これらを行ったところでどれくらいのOA機器のコストダウンができるのか、効果がどれくらい出るのかはそれぞれの会社によっても違いがありますが、会社によっては大幅な経費削減効果を実現させることもできます。

これまでOA機器は複数取り入れていたという会社も、それを複合機1台にすることによってかなり経費削減につながったという導入例もありますし、購入するのではなくて、そのつど必要なときにだけレンタルをするという方法を導入したところ、経費削減につながったという話も聞いていますので、それも目安にしておくといいでしょう。

OA機器管理を任されている人にとっては、会社のため、経費削減をすることはかなり求められてくるとは思いますが、無駄なものが何なのか、それを把握して、毎月かかってしまうランニングコストなどを見直して、コスト削減につなげていきましょう。見直しをするにあたってはそれなりに手間もかかりますし、時間もかかるかもしれませんが一度行うことで、大幅なコストダウンを実現させることができるでしょう。