OA機器探せます » シュレッダー

シュレッダー

便利なOA機器

書類を処分するときには、シュレッダーを利用して裁断しゴミとして処分することができますが、このシュレッダーは1960年に日本では作られた商品です。
しかし、当時は今のような個人情報に関して情報漏えいの危機感が低かったため利用することが少なかったのですが、2005年から個人情報保護法に関する法律によって企業の間では必要な道具となります。

その後、家庭でも手軽に利用できるシュレッダーが開発されて誰でも購入することができるようになります。
シュレッダーは、業務用と家庭用のシュレッダーに分類することができ処理能力も基本的に3種類に分類することができる商品です。

処理能力について

個人情報の漏洩を心配するようになると、シュレッダーのような情報を分からないようにして処分するOA機器が発売されています。
このシュレッダーの処理能力は、基本的に3つに分類することができます。

初期のシュレッダーで多く採用されてきた処理方法がストレートカットと呼ばれる方法です。
書類をシュレッダーの機械に挿入した縦方向だけに生きることができる方法で、発売されたときにはこの方法で処分できるシュレッダーが多かったです。
しかし、現在ではより細かく裁断できる処分方法が求められているので、安いシュレッダーでしか採用されていない方法です。

現在シュレッダーの主流になっているのがクロスカットの処理方法です。
クロスカットでは縦方向だけでなく横方向にも着ることで書類を四角に裁断することができよりわかりにくい裁断になるので、業務用だけでなく家庭用でも取り入れられている処理方法です。

より高度の機密保持を行う必要がある書類の場合にはスパイラルカットを採用したシュレッダーを利用することになります。
このスパイラルカットの方法はクロスカットに比べてより細かく裁断することで復元するのが難しくなります。
業務用のシュレッダーでは、このスパイラルカットを採用したシュレッダーが販売されています。

業務用のシュレッダー

会社のオフィスなどで、必要のなくなった書類や機密保持のために処分する必要がある書類についてシュレッダーを利用して裁断することができます。
業務用のシュレッダーに求められる機能といえば、処分する書類をより細かく裁断する能力です。

そのためスパイラルカットの方法を採用したシュレッダーが多くあります。
また、業務用の場合には一度に大量の書類を処分することがあるので、自動的に大量に処分できる能力が備わった高額なシュレッダーがあります。

個人用のシュレッダー

業務用のスレンダーに比べて個人用のシュレッダーは、大量の書類を処分するよりも書類以外のものを処分できる機能が備わっています。

最近標準的に装備されている機能がCDメディア等を処分することができるシュレッダーです。
またクレジットカードを裁断できるシュレッダーも発売されており、業務用のシュレッダーとは異なる機能が備わっています。