OA機器探せます » サーバ

サーバ

サーバ

サーバオフィスにサーバを導入することについてここでは見ていきましょう。サーバを導入するに当たってはやはり安心できるものを導入する必要があります。大半の企業では、アクティブダイレクトリーでユーザー管理をして、使い勝手がいいファイルサーバやプリントサーバをメインにして以前からウィンドウズサーバを利用しているところは多いのですが、今実は考えなければいけない問題として、2015年の7月に、ウィンドウズサーバ2003の延長サポートが終了するということです。

延長サポートが終了してしまえばそれ以後はセキュリティ更新プログラムの提供はストップしますので、新しく弱い面が見つかったとしてももう対処させることができなくなります。そうなれば安心してサーバが使えません。

システムの入れ替え、更新やOSなどのアップグレードも、数日から数週間でできる程度の簡単なものではありません。今まだ古いタイプのサーバを使っている会社は新しいサーバの導入が必要です。サーバに求めることは会社によっても違うと思いますが、どこも共通して言えることは安定性ではないでしょうか。

やはり安定して稼動してくれることがとても大事なことですから、安定性を求めたいですね。バックアップを目的にしてサーバを使っているところもあるでしょうからしっかり安定性は見て選ぶことが大事です。そして操作性です。サーバの操作性は管理をする人にとっては操作しやすいものを選びたいはずです。サーバ稼働状況、イベントやパフォーマンスなどトータルで一元管理できれば便利でしょう。導入してからも安心して使えることも大事です。

レンタルサーバ

ここでレンタルサーバも検討することもあるでしょう。レンタルサーバ、これはインターネットに情報を発信するためのサーバをレンタルすることになります。レンタルサーバーは複数の専門スタッフが運用や管理、セキュリティ対策をすることになり、サーバ本体、ネットワーク回線や電源の設備もすべて込みで提供してもらえるのがメリットです。

自社サーバでよくある長時間の停止とか、人件費のロスなどを削減できるメリットがレンタルサーバにはありますので、自社で導入するのか、それともレンタルサーバにするのか費用の面で大きな違いがありますので、それも検討しておく必要があります。レンタルサーバといっても種類がいろいろとあって、1台のサーバで複数利用者が利用するケースと、1台のサーバをすべて利用する占有型があります。それぞれの中でも、マネージド型と、セルフマネージド型があるのも特徴です。