OA機器探せます » 鍵管理機

鍵管理機

鍵管理機とは

オフィスの鍵管理機導入について見ていきたいと思います。鍵管理はどのようにしているのか、これはオフィスによって現状が違っていると思いますが、オフィス内の大事な鍵は管理を徹底しなければ場合によっては情報漏えいなどにもつながる恐れもありますので、オフィスのリスク管理の1つとして徹底しておくべきことだと思います。

鍵の保管場所として鍵管理機を利用することはもちろんなのですが、非接触ICカードを使って鍵の仕様権限や履歴などをパソコンと専用ソフトを使えば管理することができるというメリットもあります。中小規模の会社ならこの鍵管理機を導入すればリスク管理をしっかりと徹底させることができるのです。

例えばとある鍵管理機の場合には非接触型のICカードを本体のアンテナの部分にかざせば、権限が与えられている鍵のみ持ち出すことができる仕組みです。扉を開閉させたり、ホルダーの取り出しや鍵の戻しの履歴なども本体の中に保存することができますし、パソコンとも接続できるので、鍵を誰が使って誰が戻したのかなど、持ち出し履歴の管理も行えて徹底した管理の下で鍵を保管することができます。普段利用している場合はパソコンとは接続せずに、スタンドアロンで使えるのが特徴です。

管理の徹底

これまで鍵の管理をしっかりと行っていなかった会社などは鍵の管理を徹底して行うことができるようになって役職権限で使い分けもできるようになります。事務所ごとに営業部や開発部というグループ分けもできるようになりますので、とても便利です。鍵の管理はただの保管庫に入れていたという会社もあるかもしれませんが、権限が設定できるのは便利だと思いますので、導入を検討しているところも今増えています。

鍵をなくしたらとても大変なことになりかねませんので、これを機会にオフィスの鍵管理機導入について検討してみてはいかがでしょうか。値段は権限がついているタイプ、ついていないタイプ、ICカードを使うタイプなど、それぞれの鍵管理機の種類によってもかなり違いがありますので、それぞれの種類をチェックした上で会社にぴったりの種類を選び値段を確認するといいでしょう。

こちらはレンタルよりは購入のほうが多いようですが、購入して終わりというわけではなくて、その後のサポート体制も整っているところを選ぶことをお勧めします。その後のサポート体制が整っているところを選ばなければ何か機器トラブルがあった場合に大変です。