OA機器探せます » 大型ディスプレイ

大型ディスプレイ

大型ディスプレイ

大型ディスプレオフィスへの大型ディスプレイの導入についてここでは見ていきます。大型ディスプレイはどこに設置するのか、どんな目的で設置するのか、目的に合わせて製品などが違ってきます。例えばホテルに設置することもあれば医療機関やアミューズメント、商業店舗などさまざまな場所で大型ディスプレイは需要があります。

設置する場所によっては雨や誇りに強くなければいけませんし、日光の光にも強いタイプで屋外に設置できるタイプなどもありますので、導入するに当たってはどこに設置するのかによって種類が違ってきます。オフィス内に大型ディスプレイを導入する場合は、離れた拠点と簡単に意思疎通を取るためのウェブ会議を導入するに当たって大型ディスプレイを導入した会社もいますし、必要な情報を画面に表示して直接書き込んで保存をすることができるように、インタラクティブディスプレイが円滑で活発になりディスカッションができるようになります。

高画質映像に書き込み言葉に伝えられないニュアンスを的確に伝えられたりしますし、大型ディスプレイはディスカッションをするのに便利なので、ウェブ会議を導入しているオフィスでは必須となっているところが多いでしょう。遠隔ミーティングを行うのに最適で業務効率がアップするというメリットがあります。

メリット

大型ディスプレイは映像や画像を映し出すだけでなく電子ペンを使って直接書き込んだりすることもできるというメリットもありますから導入すれば便利です。レンタルをする際は値段は1日あたり数万円というところもありますので、もしかすると購入したほうが安くつくこともありますが、1日のみ会議などで使いたいというのであれば、70型の大型液晶ディスプレイで1日あたり9万円前後の値段がついています。

サイズがもう少し小さくなって42型のモニターくらいになれば1日あたり26500円で借りられる場合もあります。
オフィスでの使用頻度や何を目的にして大型ディスプレイを導入するのかなどをよく考えた上で目的に合わせてレンタルするのか購入するのか検討してみるといいでしょう。

購入するとなればサイズにもよりますが、最新の電子ペンなどで書き込みができるタイプで、100型くらいの大型になると100万円は軽く超える値段がつけられている場合もありますので、使用頻度、本当に導入してメリットがあるのかどうか考えた上でレンタルするのか購入するのか検討することをお勧めします。