OA機器探せます » 複合機・コピー機

複合機・コピー機

複合機とコピー機

複合コピー機オフィスにコピー機・複合機を導入したいという会社も多いですが、その際にはどれを選ぶのがいいでしょうか。

選ぶ際は購入なのかレンタルなのか検討する必要がありますし、レンタルも固定費の違いや導入してからのサポート体制などの違いもありますので、しっかりとチェックしておく必要があります。今オフィスではコピー機や複合機を導入しているところは増えているのですが、いまどきのこれらの事情はどうなっているのでしょうか。

エコや環境問題を考えてペーパーレスを進めているところは増えているので、ただ単にコピーができるという種類を選ぶよりも、スキャナーやファックスなどを送信できる文書管理機器として使えるものを選ぶのが賢い選び方です。コピー機も複合機もランニングコストがかかります。

コピー機をレンタルした場合はレンタル費用だけがかかると思っている人もいるかもしれませんが、それ以外に基本料金がかかったりカウンター料金や紙代が必要ですしトナー代金が必要になることもありますから意外とランニングコストがかかります。

ランニングコストの問題

そして業者によってはランニングコストの説明なしで機器だけの料金を表示してきて、いかに安いか説明してくるところもありますので、導入後に意外とランニングコストがかかってしまって驚くケースもあとを絶ちませんので注意したほうがいいでしょう。

具体的な値段を見ると基本料金が千円、レンタル代が2万円、カウンター料金としてカラー500枚で1万5000円、モノクロ2000枚で1万円などとなっています。そして紙代として2500枚を1ヶ月に使った場合には2500円、トータルこれだけでランニングコストとして5万円近いお金が発生しているのです。

レンタルは使用頻度があまり少ない会社に向いています。2年契約なのでリスクもありませんが、新品ではなく中古です。初期費用がかかる可能性がありますし、撤去する際も費用がかかることもあります。

そしてサポート体制が整っているところを選んだほうがいいでしょう。サポート体制はメーカーメンテナンスと自社メンテナンスがありますので、どちらのサポートを受けることができるのか考えて導入をしたほうがいいでしょう。

大半のオフィスでは複合機・コピー機は購入ではなくレンタルやリースで導入しているところが多いです。導入に当たっては今紹介したサポート体制やランニングコストをしっかりと考えて導入するようにしなければ、経費の無駄遣いになることもあります。