OA機器探せます » ビジネスフォン

ビジネスフォン

ビジネスフォンの必要性

マイホームで固定電話を利用することは、今の通信状況ではほとんど携帯電話に変わっていますが、ビジネスを行うときには固定電話を設置しておくことが必要となります。

企業等によっては、固定電話とFAX電話を区別して利用することになります。
しかし、事業規模は拡大していけば固定電話を会社内で利用する規模が増えていきます。

企業ではスマートフォンや携帯電話の社員に対する貸し出しを行っていなければ、固定電話を利用して取引先と連絡を行うことになります。
そのため社員の利用する固定電話の数が増えていけば電話回線も事業規模に合わせて増やす必要があります。
しかし、電話回線を複数用意する場合にはデメリットが生じてしまいます。

固定電話の数だけ電話回線を用意してしまうと、個別に取引先から電話がかかってくるため、対象とする固定電話に電話を取る必要があります。
また、部屋の違う社員に電話がかかってきてもその都度その社員に電話口まで来てもらうことになります。

代表番号が社長の固定電話になっている時は、取引先は代表番号に電話することで社長がその都度受け付ける電話係となってしまうことになります。
このようなデメリットを解消するためにはビジネスフォンを導入することになります。

ビジネスフォンを導入するメリット

ビジネスフォンを投入する場合には、規模の違いがあっても主装置が必要となります。
この装置は、外線と内線の区別と内線同士の電話を行うことが可能となり、相手先からかかってきた電話を共有していちばん近い電話機から対応することができます。

このおかげで、本来電話を受け継ぐ必要のない人が受け継ぐことがなくなり、内線同士で外線からの電話を転送することでその場にいない社員にも電話を取り継ぐことが可能となります。

このようにビジネスフォンを導入することで、円滑なビジネスを進めていくことができます。
そのため企業では固定電話を導入するときにはビジネスフォンの対応となっているものを導入することになります。

現在のビジネスフォンの種類

現在利用することができるビジネスフォンのタイプは3種類に分類することができるので、その会社にとって1番ベストなビジネスフォンを導入することになります。
典型的なビジネスフォンはレガシータイプと呼ばれている固定電話で、現在でも1番多く利用されているビジネスフォンです。

アナログ回線とデジタル回線の違いがありますが一般的な固定電話と変わりのない電話となります。
最近増えてきているのはIP電話タイプのビジネスフォンです。
このタイプは、インターネットの光回線を利用することでレガシータイプに比べて毎月の通信費が安く抑えることができます。

このためコスト削減を考えるならばこちらのタイプを導入することになります。
しかし、初期費用となるインターネットの導入工事を行う必要があります。

最後に、アスタリスクと呼ばれるビジネスフォンがあります。
このタイプはパソコンを利用した固定電話で、頻繁に利用されるのが通信販売の受付コールセンターで利用されることになります。
導入コストが安いため多くのビジネスフォンを用意するときに利用できるタイプです。

また、ビジネスフォンについては新品の固定電話と中古の固定電話のどちらかを導入することも可能なので、同じタイプであっても導入する固定電話の価格によりコストが異なってきます。