OA機器探せます » 防犯カメラ

防犯カメラ

必要不可欠なカメラ

防犯カメラ以前まで、設置していることが少なかった防犯カメラですが、最近ではいろんな場所で防犯カメラを見ることになります。
東京の新宿歌舞伎町周辺や渋谷センター街周辺では、複数の防犯カメラを設置してトラブルに対応しています。

それだけ今では証拠となるものが必要な時代と考えることができます。
繁華街だけでなくコンビニエンスストアやスーパーなどでは防犯カメラの設置が当たり前のことですが、金融機関や公共機関の施設でも防犯カメラを設置してトラブルに対応できるようにしています。

犯罪の抑止力になれば頼もしいことですし、ストーカー被害や自宅の駐車場に防犯カメラを設置することでトラブルを未然に防ぐだけでなくその証拠を抑えることで、その後の警察の対応も異なることになります。
防犯カメラについては年々性能が良くなっており、以前のように不鮮明な映像ではなく対象物や対象人物がはっきり確認できるほど高性能の防犯カメラが開発されています。

防犯カメラの種類

現在購入して設置することができる防犯カメラは種類が豊富にあり、設置する場所や状況に応じて選ぶことができます。
一般的な防犯カメラは、カメラを設置することで抑止力の効果を得ることができるため、コンビニエンスストアなどのお店対策で利用されることになります。

室内の防犯カメラでドーム型の防犯カメラがあります。
この防犯カメラはどうもカバーが付いているため衝撃に強く悪質ないたずらを防犯カメラに対する防止する効果があります。
また、手元で操作することでカメラ自体を動かすことで、異なる角度から撮影することが可能となります。

目立たない形なので、ホテルや病院または教育機関で利用されます。
屋外型の防犯カメラは、雨や風そして埃などの汚れから守る構造になっており、直射日光や高温多湿の場所でも対応できる防犯カメラとなっています。

環境の悪い場所に対応しており倉庫やガソリンスタンドだけでなく車上狙いの盗難対策にも利用できるため自宅の駐車場にも設置するのがこちらの防犯カメラとなります。

赤外線防犯カメラは、暗視カメラとも呼ばれており光のない暗闇や夜間の撮影に適している防犯カメラで雨に強い特徴があります。
赤外線の照射距離に制限があるので広い範囲の撮影が難しいのですが、暗闇の状況でも撮影できるため対象人物から見つかりにくいステルス性があります。
屋外の暗い場所となる駐車場等で利用されている防犯カメラです。

また、防犯カメラを性能で選ぶことができます。
望遠式の防犯カメラでは、デジタルズームを適用することで数メートル離れている場所から手元のお釣りの受け渡しを確実に撮影できる性能があります。
明かりの無い場所や夜間の場所では赤外線機能が付いている防犯カメラが役に立ちます。

赤外線機能を利用した撮影ではカラー画面ではなく白黒画面で撮影されますが、防犯カメラの映像では白黒画面であっても対象人物をはっきり撮影することができます。
このように防犯カメラは、状況や利用目的によってカメラを選ぶことで1番適した撮影を行うことが可能です。