OA機器探せます » OA機器の選び方

OA機器の選び方

OA機器の選び方を見てみましょう。OA機器を管理する人としては業務効率が少しでもアップするOA機器を選ぶことは大事なことです。しかし機能性が高いことで費用が高すぎるのはよくありませんし、その会社に見合っていなければ意味がありません。適切にコストパフォーマンスも考えて選ばなければいけないのです。OA機器を選ぶ際のポイントを見ていきましょう。

購入・レンタル・リース

まず、購入だけでなくレンタルやリースも考えることも考えましょう。コピー機、プリンタは、OA危機としてとても高価ですし、買取をするのではなくて、レンタルやリースを検討することも視野に入れるといいでしょう。

リースをすれば初期費用も必要ありませんし、万が一故障してしまった場合でもメンテナンスは業者がしてくれますのでお勧めです。そして製品がモデルチェンジしてもリース費用はそのままで新製品と交換してもらえますので、いつでも最新の機器が使えて便利です。保険にも加入可能ですので、盗難や故障をしてしまっても借りている会社が補償してくれるのは安心です。経費を考えて選ぶなら購入だけでなく、リースの活用も検討するといいでしょう。

セキュリティを考える

セキュリティが高いものを選ぶことが大事です。今個人情報保護法がありますので、前に比べると個人情報を保護することは重要視されているのですが、コピー機、プリンタというのは使うたびにハードディスクの中にデータが残りますので、外部に個人情報が漏れることもあります。今は蓄積された情報は自動消去できる製品もあり、個人情報保護に対応しているものも多数ありますので、セキュリティの面でしっかりとしている製品を選ぶことも大事です。

ランニングコスト

本体以外にも費用がかかりますので、ランニングコストも考えて選びましょう。コピー機、プリンタなどは本体を購入する以外にランニングコストもかかりますので、それも考えなければいけません。当たり前ですが、コピー用紙、トナーも必要なのです。1枚の用紙をプリントする場合はそれほど費用がかかることはないのですが1年を通してその費用はかなりかかりますので、ランニングコストが安いOA危機を導入する、安いコピー用紙を使うことや用紙は裏面もプリントして両面印刷をすることも大事です。それが経費削減にもつながります。ランニングコストがかかることを考えた上で、本体だけでなくOA機器を選ぶ必要があります。賢くOA機器を選べば、経費削減と、そして作業能率アップにもつながります。

OA機器にも非常に様々な種類がありますので、それぞれどんな風に選んでいったらよいか、下記のページで詳しく解説しています。
これから導入や買い替えの検討をしている機器があったらぜひチェックしてみてください。

OA機器の解説

●パソコン ●タブレット
●サーバ ●複合機・コピー機
●ソフトウェア ●大型ディスプレイ
●携帯電話 ●モバイルWi-Fi
●ストレージ ●鍵管理機
●プロジェクター